2020年 9月 25日 (金)

東京五輪に追い風! ユニバ「7人制ラグビー」史上初、男女そろって日本が金メダル

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   イタリア・ナポリで開催されている「ユニバーシアード夏季競技大会 2019」の7人制ラグビー(現地時間7月7日に決勝トーナメント)が行われ、日本代表男子、女子が、そろって金メダルを獲得した。

   ユニバーシアードは、学生を対象とした国際総合競技大会で2年ごとに開催される。ラグビーが実施されたのは、2013年のカザン(ロシア)大会以来2度目。同競技で、日本がメダルを獲得したのは初めて(前回は男子6位、女子9位)。しかも、男女そろっての金メダルは、来年に控える東京五輪への大きな追い風となりそうだ。

  • 東京五輪は「7人制代表」がけん引?
    東京五輪は「7人制代表」がけん引?
  • 東京五輪は「7人制代表」がけん引?

「鬼ごっこ」的なキツいスポーツ

   まず「7人制ラグビー」だが、多くの方には馴染みがないかもしれない。通常のラグビーは15人制(ユニオン)。40分ハーフで行うが、7人制(セブンズ)の場合は、基本的に7分ハーフで行われる(カップ決勝等は10分ハーフの場合もあり)。夏季五輪では、2016年のリオから採用され、20年の東京五輪でも行われる。

   サッカーに例えるなら「フットサル」に近い感覚かもしれない。しかし、フットサルはピッチサイズが11人制よりも小さくなるが、7人制ラグビーの場合は15人制と同じグラウンドサイズ。それをFW3人、BK4人の計7人で攻め、7人で守る。時間こそ短いが、1発、抜かれたら終わり...。コンタクトプレーが重視される15人制に比べ、ランニングプレーが重んじられる「鬼ごっこ」的競技である。

   今回の同大会には、男女とも8チームが参加した。

   男子日本代表は、順当に予選を勝ち進み、

・準決勝=ロシア戦 14-0(前半0―0)
・決勝=南アフリカ戦 15―12(前半5―0)

   続いて女子も、

・準決勝=ロシア戦 31―12(前半26―5)
・決勝=フランス戦 33-7(前半21-7)

   男女とも「史上初」となる優勝を飾った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中