2020年 9月 19日 (土)

首位決戦のカギは「ドラ1近本」が握る 阪神、巨人3連戦で逆襲なるか

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   阪神が広島戦3連勝で2位を堅持した。阪神は2019年7月7日、甲子園で広島と対戦し1-0で勝利した。先発・高橋遥人投手(23)が8回を散発4安打無失点に抑え、守護神ラファエル・ドリス投手(31)につないで完封リレー。3連勝のチームは貯金を「1」とし、首位・巨人とは6.5ゲーム差となった。

   自身最長となる8イニングをテンポよく投げ切った。23歳の左腕は初回からテンポよく鯉打線を次々と料理した。打者27人に対して114球を投げて無四球の9奪三振。ピンチらしいピンチを招くことなく散発4安打に抑え、今季2勝目を挙げた。首位・巨人を6.5ゲーム差で追う阪神に頼もしい左腕が快投を演じた。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場
  • 阪神の本拠地・甲子園球場

(近本は)疲労の底は抜けた感じ

   阪神OBで野球解説者の野口寿浩氏(48)は、高橋の投球に関して「ストレートのキレが非常に良かったです。各打者は、この強いストレートに合わせてくるので変化球が生きてきます。これまでスタミナや故障せずに1年を回すという、体力的なことが課題でしたが、これをクリアしつつあると思います。左のエースとして今後の成長が期待されます」と話した。

   本拠地・甲子園での広島戦3連勝。リードオフマンの復調が、チームの得点力向上の大きな要因となっている。5日の広島との初戦に1番に復帰した近本光司外野手(24)は3試合で5安打を放ち、チームの得点に絡む活躍を見せた。今や近本の好不調がそのままチームの結果に直結するような試合が多く、ドラ1ルーキーが大きなカギを握っている。

「近本選手はスピード勝負の選手ですし、まだ年間を通してのシーズンを経験したことのない新人選手です。疲労は相当なものがあると思います。ただ、今の状態を見る限り、疲労の底は抜けた感じですね。近本選手の活躍はチームに勢いを与えています。プロでは何もかもが初めての経験ですし、疲れもあるかもしれませんが、出来るだけ元気な状態でシーズンを戦い抜いてほしいですね」(野口氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中