2019年 9月 22日 (日)

日本の輸出規制強化に韓国は... 文大統領「産業育成を最優先課題に」発言を読み解く

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   日本政府が2019年7月4日に韓国に対する半導体などの材料3品目の輸出規制を強化したことについて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7月8日に開いた首席秘書官・補佐官会議で、「韓国企業に被害が実際に発生した場合、韓国政府としても、必要な対応をせざるを得ない」などと述べた。

   文氏は措置の撤回を要求する一方で、「政府は、部品・素材・装置産業の育成を国家経済政策の最優先課題のひとつ」に位置付けると表明。仮にこの方針が機能すれば、中長期的には韓国企業の日本依存度が下がり、日本の輸出先を減らす可能性も出そうだ。

  • 首席秘書官・補佐官会議で発言する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真は青瓦台の動画から)
    首席秘書官・補佐官会議で発言する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真は青瓦台の動画から)

対日外交軽視の文政権、今度は「重く受け止めている」?

   文氏は、今回の輸出規制強化で

「韓国企業の生産に支障が懸念され、全世界のサプライチェーンが脅かされる状況に置かれている」

と主張し、日本側に対して「措置の撤回と、両国間の誠意ある協議」を要求。その一方で、日韓が対抗策を出し合うような「悪循環は両国ともに決して望ましくない」などと話した。

   文政権をめぐっては、韓国大法院(最高裁)が日本企業に対して元徴用工らへの賠償を命じる判決を下した問題で、日本国内の対韓感情が悪化しているにもかかわらず実質的な対応を取ってこなかったとして、対日外交の軽視が指摘されてきた。だが、聯合ニュースは文氏が今回の問題に言及したことが「事案を重く受け止めている傍証」だとみている。

   文氏は「企業の被害を最小限にする短期的対応をしっかり行う」とする一方で、「数十年間にわたって累積されてきた韓国経済の構造的な問題を解決するための契機にしたい」とも述べ、中長期的課題にも取り組む考えを示した。「短期的対応」の内容は現時点でははっきりしないが、中長期的課題は産業育成に重点を置いている模様だ。文氏は

「政府は、部品・素材・装置産業の育成を国家経済政策の最優先課題の一つとして、予算・税制等利用可能な資源を総動員して企業を支援する」

と述べ、企業側にも技術開発や投資の拡大を通じて

「対外依存産業構造から脱却するために力を尽くしてほしい」

と求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中