2019年 7月 23日 (火)

「楽しいけどコレジャナイ」 スマホ版「ドクターマリオ ワールド」がレビュー大荒れ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   任天堂とLINEなどによるスマートフォン用ゲーム「Dr.MARIO WORLD(ドクターマリオ ワールド)」が、2019年7月10日に配信開始された。

   ファミリーコンピュータやゲームボーイで発売された「ドクターマリオ」(1990年)がベースになっているが、ルールや操作性は大きく異なる。そのため、オリジナル版に慣れ親しんでいるユーザーからは「コレジャナイ感」が上がっている。一方で「これはこれで面白い」との反応も多く、Google PlayやApp Storeのレビュー欄は「1つ星」から「5つ星」まで大荒れになっている。

  • 「Dr.MARIO WORLD」が配信された
    「Dr.MARIO WORLD」が配信された

「落ちゲー」ではなく「浮きゲー」

   今回配信がスタートした「ドクターマリオ ワールド」と旧作の最大の違いは、画面の天地が逆になっていることだ。旧作では、ビンの中に「ウイルス」が繁殖していて、その上から「カプセル」を投入し、それぞれの色を合わせて退治するルールだった。しかし今作では、カプセルを下から上に動かし、ウイルスを消していく。パズルでは「落ちゲー(落ち物ゲーム)」なるジャンルがあるが、あえて言い換えるとすれば「浮きゲー」といったところだろうか。

   筆者もさっそくダウンロードしてみた。馴染みのあるBGMこそ「ドクターマリオだな」と思えるが、やはり上下が逆なだけで、かなりの違和感がある。初期の「ステージモード」はスマホゲームによくある、課題クリアを重ねて、ステージを進めていく形式で、やりこむ要素が少ないのも気になった。

   1時間半ほどかけて、ようやく20ステージまでクリアすると、「VSモード」が遊べるようになった。こちらでは通信対戦ができるため、淡々とステージをクリアしていくよりも、やりがいのある印象だ。初戦は惨敗だったが、コツをつかめたら面白くなりそうだ。同じく20ステージから、他のユーザーとつながれる「フレンド機能」も解放される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中