2019年 7月 16日 (火)

問題児ネリ、止まらぬビッグマウスとWBCの「お膳立て」 井上尚弥に「自信満々」の宣戦布告

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(24)=メキシコ=のビッグマウスが止まらない。

   メキシコに本部を置くWBCは2019年7月10日、ネリをWBC同級王座の次期挑戦者に「指名」した。海外メディアが報じたもので、年内にも予定されるWBC同級王座統一戦、ノルディ・ウーバーリ(32)=フランス=VS井上拓真(23)=大橋=戦の勝者が、ネリと指名試合を行うことになりそうだ。

   薬物疑惑、体重超過など数々の問題を起こしながらもいまだ無敗のネリに、王座返り咲きのチャンスが巡ってきた。ネリは7月20日に米ラスベガスで、元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(35)=ドミニカ共和国=とのノンタイトル戦を控えるが、これに先んじてWBCのマウリシオ・スライマン会長が、WBC同級王座統一戦の勝者は、ネリと指名試合をしなければならいとの意向を示したという。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

WBCはネリのタイトル戦を「お膳立て」

   すべては20日のパヤノ戦での勝利が大前提となるが、ネリがタイトル戦のリングに上がる日はそう遠くはなさそうだ。これまで数々の問題を起こしてきたネリに対するWBCの一連の対応には、関係者から不透明さと甘さが指摘されてきたが、今回はタイトル戦の舞台を「お膳立て」する模様だ。ネリ本人も悪びれる様子は一切見せず、体重超過の処分後は連勝を続け、ビッグマウスも相変わらずで吠えまくっている。

   早ければ来春にもタイトル戦の機会が巡ってきそうな気配だが、事はそう簡単に運びそうもない。WBC王座統一戦で拓真が勝利した場合、大きな障害となるのが、ネリが日本ボクシングコミッション(JBC)から事実上の永久追放処分を受けていること。王者陣営が日本開催にこだわれば、指名試合とはいえ拓真VSネリ戦の実現は厳しいものになり、ネリ陣営がWBO王座に方向転換する可能性は大いにあるだろう。

   リング外ではトラブルメーカーのネリだが、リング上では復帰後、順調にキャリアを積み重ねている。2018年3月のWBC同級タイトル戦で体重超過の「大失態」を犯しながらも、WBCが最終的に下した処分は6カ月間の資格停止処分。ボクシングでは6カ月間、試合間隔が空くことは珍しくはなく、ネリにとっては「休養」程度にすぎなかっただろう。復帰後の昨年12月には米国の大手プロモート社、プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)と契約を結び、ボクシングの本場米国に本格的に進出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中