2019年 11月 14日 (木)

ついに日本上陸のメルセデス初EV「EQC」 ライバル「リーフ」と比べると...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   メルセデス・ベンツ初の量産電気自動車(EV)「EQC」が日本国内で発売される。

   EQCは前後の車軸(アクスル)に1個ずつモーターを搭載したAWD(全輪駆動車)で、メルセデス・ベンツは「SUV(スポーツタイプ多目的車)とSUVクーペの中間に位置するクロスオーバーSUV」と説明している。

  • メルセデス・ベンツが日本発売するEQC(プレスリリースより)
    メルセデス・ベンツが日本発売するEQC(プレスリリースより)
  • 内部構造(プレスリリース)
    内部構造(プレスリリース)

航続距離400キロ

   EQCの最高出力は前後2モーターの合計で300KW(408PS)、最大トルクは765N・mを誇る。通常はフロントモーターのみの前輪駆動で走行し、走行状況によってリアモーターを駆動する。「前後のトルクを可変的に調整することで、AWDの優れたドライビング特性が得られる」という。

   航続距離の鍵を握る電池は、容量80KWhのリチウムイオンバッテリーを前後アクスル間のフロアに低く搭載。より現実の走りに近いWLTCモードで400キロの航続距離を実現した。

   この航続距離はEVの世界的ベストセラーである日産リーフE+の458キロにはかなわない。EQCはリーフ(E+で62KWh)を上回る容量のバッテリーを積むものの、車両の重さや出力の違いなどから、航続距離は伸びなかった。もっともEQCは、最高出力160KW(218PS)、最高トルク340N・mのリーフE+とはそもそも車格が違うといえば、それまでだ。

   EQCのメーカー希望小売価格は標準仕様の「400 4MATIC」で1080万円となり、日産リーフE+(416万円)の2倍以上。日本で発売するEQCはリーフと同様、50KWまでの直流急速充電器(CAdeMO規格)に対応している。このためメルセデス・ベンツ日本は日本全国約2万1000基の充電器が1年間無料とするサービスを行うという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中