2019年 11月 20日 (水)

その時、栗山監督は勝負に出た ソフトバンク独走阻止へ見せた執念

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日ハムは2019年7月16日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦し3-2で勝利した。同点で迎えた9回、2死満塁の場面で宇佐見真吾捕手(26)が四球を選び押し出し。その裏の守備では秋吉亮投手(30)がソフトバンク打線をきっちり3人で抑え接戦をものにした。

   首位ソフトバンクとの直接対決で2連勝し、2位の座を死守。ゲーム差を「5」まで縮め、後半戦の巻き返しに弾みを付けた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

9回に「動いた」

   初回、先発・杉浦稔大投手(27)の立ち上がりは不安定なものだった。2番・牧原大成内野手(26)、3番ジュリスベル・グラシアル内野手(33)に連続アーチを許し、いきなりピンチを招く。5番・松田宣浩内野手(36)にはレフト前に運ばれ、初回3安打2失点の苦しい立ち上がりだった。

   序盤の悪い流れを断ち切ったのが、頼れる2番・大田泰示外野手(29)の一発だった。2点ビハインドの4回、先頭の大田はインコースに入った128キロのスライダーをレフトスタンド中段に叩き込み1点差とした。続く3番・近藤健介外野手(25)が失策がらみで出塁しチャンスを広げ、田中賢介内野手(38)の犠牲フライで同点とした。

   両チーム得点のないまま迎えた9回、栗山英樹監督(58)が動いた。先頭の中田翔内野手(30)が四球で出塁すると、中島卓也内野手(28)を代走に送り込んだ。延長戦を考慮すれば中田に代走を出すのは一種のカケになるが、指揮官は勝負に出た。結果、甲斐野央投手(22)の乱調もあったが、四球押し出しにより1点を獲得。これが決勝点となってチームに勝利を呼び込んだ。

   一昨年まで日ハムの2軍監督を務めた野球解説者の田中幸雄氏(51)は、この日のゲームで栗山監督の勝利にかける執念を見たという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中