2019年 11月 21日 (木)

参院選、東京6議席の行方 終盤調査と評論家の見立ては...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年7月21日に投開票を迎える参院選も、いよいよ終盤。各党が選挙戦を繰り広げている中、全国最多の6議席をめぐって争われている東京選挙区は、激戦状態となっている。

   報道各社の情勢調査や識者の見解をもとに、激戦区の情勢をまとめた。

  • 参院選候補者の演説を聞く人々
    参院選候補者の演説を聞く人々

報道各社→丸川、吉良、山口3氏はいずれも優位

   改選定数6に対し、立候補者数は20人。各社の情勢調査などによると、自民現職・丸川珠代、公明現職・山口那津男、共産現職・吉良佳子の3氏はいずれも「他候補を引き離している」という。

   残る3議席をめぐっては、激戦の様子。朝日新聞の情勢調査(7月18日朝刊)によると、立憲新顔・山岸一生、自民現職・武見敬三両氏が「やや優位」で、維新新顔・音喜多駿、立憲新顔・塩村文夏両氏が「激戦を繰り広げている」と伝えた。国民新顔・水野素子氏は「激しく追う」という。

   産経新聞がFNNと実施した情勢調査(7月17日産経朝刊)によると、丸川、吉良、山口各氏以下の3議席をめぐって、武見氏と、塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げる展開」と伝えた。れいわ新選組新人・野原善正、NHKから国民を守る党新人・大橋昌信、水野、社民新人・朝倉玲子の各氏らについては、「伸び悩んでいる」という。

   JX通信社の米重克洋代表が、16日にヤフーニュース個人で配信した、同社情勢調査の記事では、丸川、吉良、山口、武見の4氏が「リード」と伝えた。その後に塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げている」と報じた。野原氏は「その後に続いている」とし、水野、朝倉氏らは「支持が広がっていない」という。

   各社の調査によって、優位となっている3人以外の候補者順位は分かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中