2019年 12月 14日 (土)

ALS患者のれいわ・舩後氏の当確で、国会が迫られる変化 まずは「投票」どうするか...参院に聞いた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   山本太郎氏が率いる政治団体「れいわ新選組」は、2019年7月21日に投開票された参院選で、比例区での議席獲得が確実になった。「れいわ」は、比例区で優先的に当選できる「特定枠」を活用し、1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦(ふなご・やすひこ)氏(61)、2位に重度障害のある木村英子氏(54)を指定。まずは舩後氏の当選が確定したことになる。

   現在の参院本会議の採決の大半は「押しボタン式」だが、舩後氏が押しボタンを押すのは困難だとみられ、今後、対応を検討することになりそうだ。

  • 出馬会見で質問に答える「れいわ新選組」の舩後靖彦(ふなご・やすひこ)氏。歯で噛むセンサーを使ってPCを操作してコミュニケーションする
    出馬会見で質問に答える「れいわ新選組」の舩後靖彦(ふなご・やすひこ)氏。歯で噛むセンサーを使ってPCを操作してコミュニケーションする

国会が「合理的配慮」を知るきっかけに?

   舩後氏は人工呼吸器と胃ろうを装着。歯で噛むセンサーを使ってPCを操作し、介助者を通じてコミュニケーションする。7月3日の出馬会見では、安倍晋三首相がG20大阪サミット(20か国・地域首脳会議)夕食会のあいさつで、大阪城の復元時に「エレベーター」を設置したことは「大きなミス」だと述べ、後に釈明した問題についての質問が出た。舩後さんは1分15秒かけて答えを入力し、介助者が「それは、口が滑ったのでしょう」と読み上げた。

   山本氏は出馬会見の中で、舩後氏らの出馬の意義について

「そういう方が国会の中に入ることによって、国会の中が(バリアフリーやユニバーサルデザインなどの)『合理的配慮』を知る。それによって色々な制度につながっていくというのが非常に大きなことだと思っている」

などと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中