2020年 9月 21日 (月)

巨人は「安全圏ではない」 原監督の継投采配に不安

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   巨人は2019年7月23日、京セラドームでヤクルトと対戦し、6-5でサヨナラ勝ちした。同点で迎えた9回、無死1、2塁の場面で重信慎之介外野手(26)がサヨナラ2塁打を放った。

   原辰徳監督(61)の継投ミスにより8回に同点に追いつかれたものの、重信の一打で帳消しに。連敗ストップのチームは2位DeNAに7.5ゲーム差で首位を堅守。5年ぶりのV奪回に向けて首位を快走する巨人だが、指揮官の采配ミスにより中継ぎ陣の不安定さを露呈した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

なぜ左の青木に右腕デラロサだったのか...

   問題のシーンは8回に起こった。7回まで2失点に抑えていた先発・山口俊投手(32)が8回のマウンドへ。ヒットと四球で2死1、2塁の場面で打席に青木宣親外野手(37)を迎えたところで原監督が動いた。左打者の青木に対して指揮官がマウンドに送ったのが右腕ルビー・デラロサ投手(30)。結果、デラロサは青木に初球をライトスタンドに叩き込まれ同点3ランを許した。

   原監督の采配で疑問視されるのが、なぜ好投の山口を2死から交代させたのか。そして左の青木になぜ右のデラロサを起用したのか。ベンチには左投手が3人控えていた。守護神の中川皓太投手(25)の回またぎを嫌ったのか、それとも延長戦を見据えてのことなのか、ワンポイントで左の田口麗斗投手(23)、大江竜聖投手(20)らを起用する采配も考えられたが、いずれにせよ指揮官が選択したのは右腕の起用だった。

   9回にはスコット・マシソン投手(35)を投入したものの、制球が定まらず2つの四球で1打逆転のピンチに。自滅する形で2死1、2塁となったところで降板し、同点の場面で中川を起用せざる得ない状況に追いやれた。延長戦を想定すれば危険なカケともいえる采配だったが、中川はこの回を無失点で切り抜けた。すべては結果論に過ぎないが、指揮官の采配ミスを選手がカバーして連敗をストップさせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中