2020年 10月 21日 (水)

最後の夏は、ベンチの中で... 大船渡・エース佐々木の温存に「英断」「残念」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

「甲子園よりも先の人生の方がはるかに長い。」

   超高校級の逸材は、国内をはじめMLBでも注目されている。地方大会にはNPB、MLBのスカウトが駆け付け、ネット裏から目を光らせていた。甲子園出場を逃したとはいえ、佐々木の評価が変わることはなく、むしろ投球過多を心配するプロ野球関係者の中には安どの声も聞こえてくる。

   ネットのファンの声は賛否両論あるものの、佐々木の将来を考えた国保監督の決断を「英断」とみるものが多く見られる。

「佐々木のことを考えると良かったと思う」
「甲子園よりも先の人生の方がはるかに長い」
「私欲を捨てた大船渡の監督をリスペクト」

   その一方で「令和の怪物」の投球を甲子園で見ることが出来なくなり「残念」とするファンの声も多く寄せられた。代打での出場もなく、真っ白いユニフォームのまま最後の夏をベンチで終えた佐々木。国保監督の決断は、今後の佐々木の野球人生の中で答えが見つかるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中