2019年 11月 18日 (月)

「ありがとうハッカドール」「末永く忘れません」 5年の歴史に明るくお別れ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アニメ・ゲーム・マンガなどサブカルチャー向けのニュースアプリ「ハッカドール」が2019年8月15日をもってサービスを終了する。

   2014年8月15日からの5年間に感謝をこめて、ツイッターでは「#ありがとうハッカドール」のハッシュタグがトレンド入りした。

  • 最後のアップデートを告げるハッカドールツイッターアカウントのツイート
    最後のアップデートを告げるハッカドールツイッターアカウントのツイート

キャラクターが学習してユーザーとシンクロ

   ハッカドールは2014年8月15日にAndroidとiOSに対応して、DeNAにより配信が始まった。アニメ・ゲーム・マンガ・声優・ライトノベル・キャラクターグッズ・コスプレ・ボーカロイド・特撮・BL(ボーイズラブ)の各ジャンルに細分化されてニュースを配信する。タイトルのハッカドールは「捗(はかど)る」を意識して付けられた

   加えて、「ハッカドール1号・2号・3号」という3人のキャラクターがアプリの中でマスター(ユーザーの通称)をナビゲートする。アプリはマスターがよく読むニュースを学習し、嗜好に合わせた情報を配信する。アプリの中でキャラクターが聞いてくる「捗りますか?捗りませんか?」に答えることでキャラクターが好みの情報を配信してくれる、マスターにキャラクターがシンクロするかのような体験ができることも特徴だった。

   ハッカドールは15年にはアニメ化・マンガ化もなされ、18年には1号・2号・3号がいずれもバーチャルYouTuber(VTuber)デビューするなど、アプリを超えたメディアミックスもなされていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中