2021年 3月 9日 (火)

遅すぎ?逆転Vの切り札? 長野1軍復帰なら「流れ大きく変わる可能性も」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

2軍でも腐らず...「巨人出戻りはないでしょう」

   長野の1軍昇格の期待が高まる一方で、鯉党が心配するのが今オフの去就だ。昨オフ、FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(30)の人的補償で広島に入団したものの、広島では出場機会に恵まれず、ここまで1軍の出場はわずか49試合で、6月18日のロッテ戦を最後にスタメンでの出場はない。長野は国内FA権を有しており、今オフの巨人出戻りが可能なだけに不安を募らす鯉党も多い。

   在阪球団の関係者は「長野は2軍でも腐ることなく真摯に野球に取り組んでいる。それが夏場の結果につながっている。チームにも溶け込んでいるし、若手、ベテラン問わず信頼されている。長野の性格からいっても巨人出戻りはないでしょう。それよりも、今はチームに貢献したいという気持ちが強いはず。長野が1軍に復帰すれば流れが大きく変わる可能性もある」と指摘する。

   広島は20日からヤクルト3連戦、23日からは中日との3連戦を控え、下位チームとの対戦が続く。そして週明けの27日からは巨人、DeNAとの勝負の6連戦。バティスタを欠いた今、数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富なベテラン・長野のバットに逆転Vが託される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中