2019年 11月 20日 (水)

宇宙人目線で地球文明を解説 NHK「新銀河紀行」が「攻めてる」と評判に...続編の予定は?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHKが、ぶっ飛んだ「宇宙人もの」番組を放送した。(地球人からみれば)奇抜な恰好の「宇宙人キャスター」が登場し、地球の文明を「宇宙人目線」で紹介するという内容だった。

   スタジオ陣の見た目はともかく、テーマの紹介内容自体はいたって真面目で落ち着いたトーンの「教養エンターテインメント番組」。こうしたギャップもあってか、ツイッターでは「コントじゃないのがすごい」「面白かった」と喜ぶ反応が相次いだ。続編を望んだり、見逃したために再放送を期待したりする声も出ている。その予定はないのか、NHKに聞いた。

  • NHKの番組サイト(宇宙の人気番組「新銀河紀行~驚異の地球文明~」)の「過去の放送」ページ
    NHKの番組サイト(宇宙の人気番組「新銀河紀行~驚異の地球文明~」)の「過去の放送」ページ

すでに「滅亡した」地球の謎を探る

「こんばんは」

   2019年8月19日夜、NHK(総合)で「宇宙の人気番組『新銀河紀行~驚異の地球文明~』」が始まると、スタジオの宇宙人キャスターの2人は、座った姿勢でこう言って頭を下げた。

   向かって左の女性の頭は巨大な茶色の玉ねぎ型で、横幅は顔幅の2倍、縦は髪部分だけで、眉以下部分の1.5倍はある。一方の男性キャスターの髪は紫の山型。隣の玉ねぎヘアほどではないが、かなりの高さがある。2人とも、長い耳は上部先端が尖っており、服装は何やらイソギンチャク風の数センチの突起物がウニョウニョと腕あたりについている。

   この番組は、「宇宙のある星の公共放送でオンエアされている人気番組」だそうで、地球の生命は滅んでしまい、残されたアーカイブ資料から地球文明を紹介するとして、「地球人類の数少ない生き残り カトう」(カタカナとひらがなの混合表記。俳優の加藤諒さん)がゲストとして参加した。「カトう」さんは、カラフルなシャツという普通の地球人類の服装だ。放送の際の使用言語は「地球に存在した言語約6000のうちから日本語を選んだ」との説明も。スタジオセットの一部には、解読し難いナゾの文字が3文字ならび、某地球放送局を連想させるような箇所もあった。

   取り上げたテーマは、「なぜ地球人類は、あまりうまい絵とは思えないゴッホの『ひまわり』に心を奪われるのか」「なぜ水分とカテキンの摂取にわざわざルールを設けて『茶の湯』を楽しんだのか」「穴にボールを入れる『ゴルフ』なるものは、なぜ地球で人気?」の3点。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中