2020年 8月 3日 (月)

「物申す系YouTuberになった?」 メンタリストDaiGoに「キャラ変」との指摘

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   メンタリストのDaiGoさんが2019年8月27日、京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者35人全員の実名が京都府警から発表されたことについて、その実名を報じたメディアを自身のYouTubeチャンネルで批判した。

   DaiGoさんは動画で、今回の件について実名報道の必要性について疑問を提示。実名公表された犠牲者の内、20人については遺族から承諾が得られないままの警察発表だとして、実名報道は遺族の気持ちを踏みにじる行為だと断じつつ、「2度とテレビに出られなくてもいいです」とも語り、実名報道を行ったメディアを強い口調で批判した。

  • DaiGoさんのYoutubeチャンネルから
    DaiGoさんのYoutubeチャンネルから
  • DaiGoさんのYoutubeチャンネルから

「理性的」な印象で人気を博してきたが...

   今回の動画をめぐっては、「ほんまDaiGoさんよく言ってくれたわ。本当にありがとうございます」といった絶賛がネット上に出た一方で、「とっくにテレビで見かけないけど......」などとする声も続出するなど、大きな反響を呼んでいるが、併せて、

「最近の動画物申す系が増えてきた印象」
「いつから物申す系ユーチューバーになったんだっけ」

と、「芸風」が変わったのではないかとする指摘も出ている。

   確かに、以前のDaiGoさんと言えば、自身が得意とする「メンタリズム」を駆使したライフハック術などを語る姿が人気を博すなど、その「理性的」な印象で人気を博してきたことで知られるが、その印象が一変したのが、8月12日に配信された自身のYouTubeチャンネル動画での発言だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中