2019年 9月 17日 (火)

DeNA逆転Vは梶谷がカギ 「数字以上の存在感」OBも注目

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   DeNAの自力優勝の可能性が復活した。DeNAは2019年9月1日、マツダスタジアムで広島と対戦し3-2の接戦をものにした。エース今永昇太投手(26)が8安打を浴びながらも8回途中まで2失点に抑える力投を見せた。これでチームは3位・広島との3連戦を2勝1敗で勝ち越し、首位・巨人に4ゲーム差まで詰め寄った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「チームのモチベーションが上がります」

   2点ビハインドの6回、1死1塁の場面で4番ネフタリ・ソト外野手(30)が同点の2ラン。四球と安打でチャンスを広げ、1死1、3塁から柴田竜拓内野手(25)の犠牲フライで1点を追加し逆転に成功した。この日DeNA打線は広島の11安打を大きく下回る4安打ながら、得点機会を逃さず3得点で勝負を決めた。

   DeNAの自力優勝復活に伴い巨人の優勝マジックが消滅。横浜OBで野球解説者の野口寿浩氏(48)は「横浜に良い流れが来ている。巨人の優勝マジックが消滅し、自力優勝の可能性が復活したことは、チームのモチベーションが上がります。精神的にも大きな効果があるでしょう」と指摘する。

   首位・巨人とのゲーム差は「4」。逆転優勝へ向けて野口氏が注目するのが梶谷隆幸外野手(31)だ。8月23日に約3カ月ぶりに1軍に復帰し、1番でスタメン出場を果たし、2回に今シーズン1号を放ち復活を印象付けた。梶谷が1軍に合流して以降、チームは7勝2敗と上昇気流に乗っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中