2019年 9月 22日 (日)

森ビルの「日本一」330mビル 実は4年後にはトップ奪われる

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   森ビルは8月22日、東京都港区にオフィスやマンションを含む高さ約330メートルの超高層ビルを建設する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」を発表した。完成予定の2023年には、大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜き、日本一の高さになるという。

   ただし、2027年には三菱地所が東京・大手町に高さ約390メートルの超高層ビルを完成させる予定で、森ビルが日本一となるのは、わずか4年にとどまる見通しだ。

  • 「虎ノ門・麻布台プロジェクト」完成イメージ(プレスリリースより)
    「虎ノ門・麻布台プロジェクト」完成イメージ(プレスリリースより)

「ヒルズの未来形」目指す

   森ビルが虎ノ門・麻布台で建設する超高層ビルは、東京スカイツリー(634メートル)には及ばないものの、東京タワー(333メートル)とほぼ同じ。現在1位のあべのハルカスはもちろん、横浜ランドマークタワー(296メートル)や東京都庁(243メートル)、サンシャイン60(240メートル)など、首都圏の並み居る高層ビルをしのぐ。東京タワーと森ビルは同じ東京都港区で近接しており、話題を呼びそうだ。

   森ビルの「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は「日本一」となる超高層ビルの高さに話題が集中しているが、魅力はこれだけでない。森ビルは「中央広場を中心に、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、商業施設、文化施設など多様な都市機能を融合させたヒルズの未来形」を目指すという。

   このプロジェクトは森ビルが東京都港区で手がけた「アークヒルズ」に隣接し、「六本木ヒルズ」と「虎ノ門ヒルズ」の中間に位置する。この地区は外国大使館、外資系企業、ホテルなどが多く、外国人居住者も多いことから、森ビルは「六本木ヒルズに匹敵するスケールとインパクトの街を都心の真ん中に建設する」という。

   この地域は都心の中でも小規模な木造住宅やビルが密集して老朽化が進んでおり、森ビルは1989年から地権者と協議を重ね、再開発の準備を進めてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中