2019年 9月 20日 (金)

香港に「自衛隊を送って」...アグネス・チョウさん「霊言」に本人抗議 幸福実現党「ご心配おかけした」と謝罪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)さん(22)について、その守護霊が自衛隊派遣を希望していると、幸福実現党が広報紙で紹介した。これを受けて、中国国内のネット上などで本人による直接の発言として拡散している。

   これに対し、アグネスさんは、そんな発言はしていないとツイッターで同党に削除・訂正を求めている。同党は、公式サイトで謝罪したうえ、守護霊を強調する表現に改めた。

  • アグネスさんのツイッター声明
    アグネスさんのツイッター声明

翻訳され中国ネット拡散...非難相次ぐ

   「自衛隊を派遣して香港の自由を守れ」。広報紙「幸福実現NEWS」の2019年9月4日付特別号では、こんなタイトルで、宗教団体「幸福の科学」創始者で同党総裁の大川隆法氏の「霊言」を紹介した。

   それによると、大川氏は、中国の習近平国家主席とアグネスさんの本音を探ったとし、アグネスさんについて、その守護霊が「できたら香港独立まで持っていきたい」と語ったとした。さらに、守護霊は、死ぬことで正しさを示せると覚悟を口にしたとして、日本への期待を次のように述べたとした。

「できたら、自衛隊を送っていただきたい。邦人保護の名目で」
「そしたらアメリカも動きますから」
「アメリカ、イギリス、日本が軍隊を送ってきたら戦い続けることは可能です」

   そのうえで、同党の主張として、香港の自由が失われれば、中国は沖縄なども狙ってくるとして、中国がデモに軍事介入した場合、中国の覇権主義に対抗するためにも、法改正して自衛隊を派遣すべきだと述べている。大川氏の霊言については、近日中に本にまとめて出版する予定だともしている。

   アグネスさん守護霊の発言は、中国語にも翻訳されて、中国の一部ネット上で、本人による直接の発言として拡散した。

   そして、アグネスさんについて、香港独立分子であり、香港への自衛隊介入を望んでいて、おかしくなったなどと非難が相次ぐ事態になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中