2019年 11月 20日 (水)

ニッポン放送「台風ダウン」とAMの未来 radiko、FM転換...今後の議論に影響も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   首都圏に大きな被害を与えた台風15号の影響で、2019年9月10日12時現在、ニッポン放送木更津送信所(千葉県木更津市)からの電波送出が停止している。

   1242kHzからのAMラジオ放送は、予備の足立送信所(東京都足立区)に切り替えて継続しているが、出力が通常の100分の1となっているため、「聞こえなくなった」といった声が出ている。

  • ラジオにも台風の影響が
    ラジオにも台風の影響が

非常用電源が故障

   ニッポン放送では通常、木更津送信所から1242kHz(AM)、東京スカイツリー(墨田送信所、東京都墨田区)から93.0MHz(FM)、そしてradiko(ラジコ)でのネットストリーミング放送の3本立てで放送している。

   しかし、「垣花正 あなたとハッピー!」放送中の10日8時33分ごろから、ツイッターでは「あれ...ニッポン放送途切れた!」「聴こえなくなった?」といった指摘が続出。8時38分ごろに番組中で、木更津送信所からの送出が停止し、足立送信所からの減力放送となっていると伝えられた。ワイドFMとradikoは通常通りだとし、ニッポン放送の公式ツイッターでも8時47分、同様の趣旨が投稿された。

   ニッポン放送は10日11時すぎ、公式サイトで送信停止までの経緯を説明した。それによると9日3時23分、東京電力から木更津送信所への電力供給が停止し、非常用発電機に切り替えた。しかし10日8時31分に非常用電源が故障し、35秒間の停波を経て、足立送信所へ切り替えた。電力供給の復旧は、10日夕方から夜にかけての見込みだと東電が説明しているとして、その後に木更津からの送信も復旧するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中