2019年 9月 20日 (金)

バンダイチャンネルの新機能「セリフ検索」が楽しい! 登場場面を一発表示...元ネタ探しから「キャラの名前何回呼んだ?」まで

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   バンダイナムコライツマーケティング(東京都千代田区)は2019年9月11日、動画配信サービス「バンダイチャンネル」に「セリフ検索」機能を実装したことを発表した。文字通り、セリフを入力することで作品を探せるというもので、「名言」などが登場する場面を一発で検索できるとあってインターネット上でも「有効活用できそう」といった声があがっている。

   同社はJ-CASTニュースの取材に、「SNSでよく見るあのセリフの元ネタは? などアニメファンらしい日ごろの疑問を解決するのにもお使いいただけます」とその特徴を説明。セリフ検索の対象作品を拡充していくことも視野に入れているという。

  • バンダイチャンネルに「セリフ検索」機能が加わった
    バンダイチャンネルに「セリフ検索」機能が加わった
  • 「セリフ検索」の入力フォーム
    「セリフ検索」の入力フォーム
  • 「いきまーす」の検索結果
    「いきまーす」の検索結果
  • セリフ検索結果からクリック(タップ)するとそのシーンから再生がはじまる
    セリフ検索結果からクリック(タップ)するとそのシーンから再生がはじまる

「技名とか入れると何話で何回使ったかとか分かるのちょっと楽しい」

   バンダイチャンネルは約4000作品(11日現在)のアニメを中心とした動画を配信しており、定額見放題と従量課金のいずれでも視聴できる。『鉄腕アトム』(1963年)から『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年)、『進撃の巨人 シーズン3・パート2』(2019年)など各年代の人気作品を多く配信している。

   作品はジャンル別、年代別、50音順のリストから探せるほかワード検索も備えていたが、今回新たに「セリフ検索(ベータ版)」が加わった。日本語字幕視聴に対応している作品のみが検索の対象で、バンダイナムコライツマーケティングの発表では「作中のキャラクターのセリフをテキスト検索し、該当するシーンから視聴開始」できる。特徴として、

「これにより正確な話数・タイミングを覚えていなくともお気に入りのシーン・セリフへ簡単に辿りつくことが可能となりました。また、同じセリフでも作品を越えた様々なシチュエーションを発見でき、検索するだけでも充分に楽しめる機能となっております」

と説明している。

   サイトのセリフ検索フォームに、通常のネット検索と同じように言葉を入力することで利用できる。すでにバンダイチャンネル上では機能提供が始まっており、試しに同サービスで配信している『機動戦士ガンダム』のセリフ「行きまーす」や「認めたくないものだな」で検索してみると、確かに同作品の話数とそのセリフを発する時間もヒットする。クリック(タップ)するとその時間から再生がスタートする仕様になっており、聞きたいセリフをすぐに視聴できる。

   実際に利用したユーザーからはツイッター上で「バンダイチャンネルのセリフ検索、技名とか入れると何話で何回使ったかとか分かるのちょっと楽しい」「有効活用できそうと思ったらやっぱり有益だった」「素晴らしいですね。話数、セリフの時間帯、セリフそのものが表示される上に、検索も早い」「様々なアニメ配信サービスから大きく抜け出そうな機能だ」などと珍しがったり好感を示したりする声もあがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中