2019年 12月 8日 (日)

阪神、CS自力進出消滅も「経営的に成功」? 観客動員数は「首位奪還」の可能性

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   阪神の自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。阪神は2019年9月10日、甲子園でヤクルトと対戦し、延長10回4-5で敗れた。

   序盤、両チームの打線が安打を量産して乱打戦の様相を呈したものの、5回以降、ゼロ行進が続き、延長10回、2死3塁の場面で塩見泰隆外野手(26)のタイムリーでヤクルトが逆転。阪神はその裏、3人で攻撃が終了し、リーグ最下位のヤクルトに痛い逆転負けを喫した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

一転、2年連続のBクラスの可能性も...

   先発・秋山拓巳(28)を3回で見切り、速めの継投策をとった矢野燿大監督(50)。4回以降、5人の救援陣をマウンドに送り込み、同点で迎えた9回に守護神・藤川球児(39)を起用するなど勝負に出た。だが、10回のマウンドに上がったラファエル・ドリス(31)が指揮官の期待に応えらず、1点を失うと、打線も援護できなかった。

   この黒星で3位・広島とのゲーム差は4.5ゲームに広がり、自力でのCS進出の可能性は消滅した。5位・中日は広島に敗れたため、中日との差は0.5ゲーム差のままだが、5位転落の危機にあることは変わらず。また、この日の敗戦で史上3球団目となる通算5000敗という不名誉な記録が加わり、ショックは倍増となった。

   鳥谷敬内野手(38)への引退勧告、掛布雅之氏の退団。そしてヤンハービス・ソラーテ内野手(32)の造反劇による契約解除。CS進出をかけてナインがラストスパートに入るなか、球団のゴタゴタが続いている。巨人の優勝マジックが再点灯し、リーグ優勝の可能性はほぼ消滅し、CS進出も危うい状況になってきた。2年連続のBクラスの可能性さえ出てきたが、観客動員は12球団トップの座を狙える位置につけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中