2021年 3月 5日 (金)

読売テレビで映像「取り違え」トラブル 別人作品を「単純ミス」で放送、監督らに謝罪へ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

無断使用は、出演者がかつて出た怪獣映画の一部だった

   実は、問題の映像は特撮サークルで製作された怪獣映画で、男性も実際にこのシリーズの作品を手がけたことがあった。ところが、実際に放送されたのは、男性ではなく上記のデザイナーによる監督作品の方だったのだ。番組では、男性がこの作品の怪獣と映ったツーショットも紹介されていた。

   サークルの製作委員会も、公式ツイッターで、使用許可を出していない映像が無断で使われたとして、調査していることを明らかにした。

   読売テレビの総合広報部は9月13日、デザイナーの自作を無断で使った理由について、J-CASTニュースの取材に次のように答えた。

「事前に送られたURLにあった映像と違うものを、誤って13秒間流してしまいました。映像使用についてのこちらの単純ミスです」

   そのうえで、デザイナーには、連絡を取って謝罪したいとした。出演男性にも、自作と違う映像を流して迷惑をかけたため、13日夕にも直接会って謝罪するとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中