2019年 10月 17日 (木)

DeNA株、2000円前後で乱高下 背景には投資家の思惑が?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スマートフォンへのコンテンツ配信大手、DeNA(ディー・エヌ・エー)の株価が2019年8月下旬から9月中旬にかけて乱高下している。買い材料は自社株買いを巡る思惑で、売り材料は期待されたゲームの新作が苦戦しているのではないかという疑念。自社株買いは株価を押し上げる効果があるが、モバイルゲーム業界は新作の動向が業績を左右するだけに、期待作がヒットしなかったことがはっきりした場合は株価の重しとなりそうだ。

  • なにが要因なのか…(画像はイメージ)
    なにが要因なのか…(画像はイメージ)

「自社株買い」と「ポケモンマスターズ」を懸念か

   最初の急上昇は8月30日の金曜。一時、前日終値比7.3%(158円)高の2325円まで上昇し、この株価が9月13日の取引終了時点で年初来高値となっている。5月10日に発表後、実施実績がなかった自社株買いが足元で行われているとの観測が広がったことが株価を押し上げた。

   この自社株買いは自己株式を除く発行済み株式の26.14%にあたる3800万株、取得金額500億円を上限に5月13日から20年4月30日までに市場で買い付けるもので、「資本効率を向上させる一方、株主還元策として1株当たりの価値向上」を実施理由として発表していた。

   すべて実現すれば26%とかなり規模が大きいため、市場の思惑買いを招きやすい。7月までは買い付けた実績がなかったが、8月はさしたる材料もないのに日経平均株価など全体の動きから外れて株価が上昇する日が目立つ、との指摘が投資家の間で広まり、「自社株買いに着手したことで需給が引き締まる」との思惑から買いが優勢になった。

   次の急下落は翌営業日にあたる9月2日の月曜。一時、前営業日終値比9.4%(211円)安の2032円まで下落した。終値も持ち直さず9.3%(209円)安の2034円。8月29日に配信を始めたスマホゲーム「ポケモンマスターズ」のアプリの売り上げが伸び悩んでいると株式市場に伝わり、前週末の急騰がウソのように売り浴びせられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中