2019年 10月 18日 (金)

どうなる?来季の「監督」 セは続投多そうだが...パは一新も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   最下位に沈むヤクルトが2019年9月10日、小川淳司監督の今季限りでの退団を発表した。

   次期監督の最有力候補は高津臣吾2軍監督だ。現役時代はヤクルトの守護神を務めて4度の日本一に貢献。メジャーでも抑えを務めるなど日米通算313セーブを挙げた。現役時代は韓国、台湾でもプレーし、指導者として独立リーグ・新潟では12年に選手権監督としてBCリーグ初優勝を飾っている。14年からヤクルトでコーチを務め、チーム事情に精通し、選手の性格も把握しているのが大きな強みだ。

  • 神宮球場。来季は高津ヤクルトが成果を出せるか
    神宮球場。来季は高津ヤクルトが成果を出せるか

V逸も...広島、Deの両将は留任か

   ヤクルトの課題はリーグワーストのチーム防御率・4.71(17日現在)と崩壊状態の投手陣だ。エースとして期待される小川泰弘が4勝12敗、一本立ちしなければいけない原樹理が3勝7敗で現在ファーム暮らしと大きく期待を裏切った。高津政権で先発陣の立て直しが急務となる。

   後任の監督人事が気になるのはヤクルトだけではない。スポーツ紙デスクはこう分析する。「今季V逸が決定的な広島・緒方孝市監督は来季も続投のようです。前監督の野村謙二郎氏の名前も挙がっていましたが、昨年までリーグ3連覇した緒方監督の手腕を球団幹部は高く評価しています。DeNA・ラミレス監督も続投が濃厚です。次期監督候補の三浦大輔1軍投手コーチはまだコーチ歴1年。監督へのバトンタッチは早い。セリーグはヤクルトを除いた5球団の監督は来季も続投になりそうです」。

   一方、パ・リーグはどうだろうか。西武・辻発彦監督、ロッテ・井口資仁監督の続投は確実だが、ソフトバンク、日本ハム、オリックス、楽天は監督人事で一波乱ありそうだ。前出のデスクは「パ・リーグはシャッフルする可能性があります。ソフトバンクの工藤公康監督は今年が契約最終年。西武にひっくり返されてこのままV逸だと責任問題で退任もあり得る。日本ハムの栗山英樹監督も今季で8年目の長期政権。清宮幸太郎を4番に抜擢したり色々策を施していますが、CS進出は厳しい状況です。『そろそろ代え時では』という声も上がっています」と話す。

   他方ユニフォームを脱いだが、元中日監督の落合博満氏、元DeNA監督の中畑清氏、元ヤクルト監督の古田敦也氏、元中日の立浪和義氏らは依然として監督待望論が強い。来季どこかの球団のユニフォームに袖を通して、その勇姿が見られるだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中