2019年 12月 12日 (木)

悲願8強へ「2つのポイント」 サモア、スコットランドとの戦い方、元代表・永友氏に聞く

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2019年9月28日、ラグビー日本代表は、宿敵アイルランド代表に「19-12」で勝利を収めた。獲得した勝ち点は「4」(日本は1トライだったため、ボーナスポイントはなし)。2戦を終え、合計の勝ち点は「9」となり、予選「プールA」を首位で折り返した。

   今回のアイルランド戦を含めた今後の戦い方について、元日本代表SH(スクラムハーフ)で、現キヤノン・イーグルスGM(ゼネラルマネジャー)を務める永友洋司氏に聞いた。

  • 日本代表ジャージを着た多くのファンが、勝利に拍手喝采だった
    日本代表ジャージを着た多くのファンが、勝利に拍手喝采だった

両国のモチベーションは上がってくる

   永友氏は、今回の勝利に開口一番、

「素晴らしかったですね」

   と、声を弾ませた。

   しかし、逆に「気になる...と言うか、この先が要注意」と話す。悲願の「ベスト8」へ向け、日本代表が大きく前進したことは間違いない。しかし逆に、サモア(10月5日=愛知県豊田スタジアム)、スコットランド(10月13日、横浜国際競技場)の2戦に向け、

「日本がアイルランドに勝ったことによって(今後、戦う両国の)モチベーションが上がるでしょ。現在、首位の日本を倒せばいい...って感じになるよね」

   では、サモア、スコットランドを突き放すには、どうしたらいいのか? 永友氏は2つのポイントを挙げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中