2019年 10月 19日 (土)

「血の国慶節」、中国の党・政府系メディアはどう報じたか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

人民日報、1面に「香港」の単語は登場するが...

   10月2日付の中国共産党の機関紙「人民日報」の1面にも、「香港」という単語は登場した。ただし、それは習近平国家主席が「平和統一と1国2制度の方針を堅持」し、「香港とマカオの長期的な繁栄と安定を維持」することや、「両岸(中国と台湾)関係の平和的促進」することの重要性を説く内容。別の記事では、香港政府が記念の国旗掲揚式を行ったことを報じたが、デモやデモ隊の負傷に関する記事はなかった。

   共産党系の「環球時報」は、18年3月に北京で開かれた全国人民代表大会(全人代)に香港代表として出席した洪為民氏にインタビューし、

「この時代に中国人になれることを嬉しく思うし、中国人であることも誇りに思う」

という声を伝えたりしているが、デモの件には触れていない。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中