2021年 6月 15日 (火)

「インターネット、めちゃくちゃ上手いといったことはありません。しかし...」 竹本直一大臣「IT政策の未来」を語る【J-CAST単独インタビュー】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「日本の将来のかじ取り、責任の重大さ感じる」

――大臣就任から1ヶ月弱が経ちました。改めて抱負をお聞かせください。

   私が担当する宇宙政策、科学技術、IT......すべて日本の国家戦略に関わる重要な分野です。これをどう伸ばしていくかが、日本の成長に大きく関わってきます。日本の将来のかじ取りですから、責任の重大さを感じています。
   10年、20年後には、これらが重要なインタレスト(興味関心)になっていくことは間違いないです。そこへ向けて、しっかりとした見通しを立て、準備しなければいけない。宇宙も、原子力も、ITも、全部そうなるんじゃないかなと思っています。
   先日も、NASA(米航空宇宙局)のジェームス・ブライデンスタイン長官から、月を周回する宇宙ステーションを一緒に作りたいと提案されました。中国は月の裏側へ行っていますが、アメリカも日本も行っていません。コンペティター(競争者)を念頭に置きながら、日本の得意分野を強化していきたいと思っています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中