2020年 9月 23日 (水)

二岡、ガッツ、緒方、そしてあのレジェンド助っ人? 来季巨人「大物OB」一挙復帰も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   巨人は2019年10月3日、ファームの堂上剛裕打撃兼外野守備コーチ(34)と吉原孝介バッテリーコーチ(50)の今シーズン限りで退任することを発表した。

   前日2日には、同じくファームの木村龍治トレーニングコーチ(49)、秦真司バッテリー兼打撃コーチ(57)、内田順三巡回打撃コーチ(72)の退任を発表。2日間で計5人のコーチの退任が決まり、来シーズンへ向けた組織改革が始まった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ガッツは日ハム説もあったが...

   チームがクライマックスシリーズ(CS)進出を決めていることから、コーチ陣の去就に関しての発表はファームのみとなっている。原辰徳監督(61)はすでに来シーズンの首脳陣の構想を描いているとみられ、ポストシーズン終了後の新体制発表が見込まれる。昨オフは14人のコーチングスタッフが退任し、宮本和知氏(55)、水野雄仁氏(54)、元木大介氏(47)ら8人が新たにコーチに就任した。

   第3次政権の2年目となる来シーズンの新体制作りは、原監督主導のもと進められる。巨人復帰が有力視されるのが二岡智宏氏(43)だ。二岡氏は2018年まで巨人の打撃コーチを務め、今年は独立リーグの富山GRNサンダーバーズの監督を務めた。リーグのシーズン終了後の9月17日に同球団の公式HP上で二岡氏の退任が発表され、就任わずか1年で球団を去ることになった。

   今シーズン、中日の2軍監督を務めたガッツこと小笠原道大氏(45)の動向にも注目が集まっている。小笠原氏は2006年にフリーエージェント(FA)で日ハムから巨人に移籍し、その後、13年に再びFA権を行使して巨人から中日に移籍。15年に現役を引退後、中日の2軍監督として指揮を執った。9月28日に球団が小笠原の退団を発表。一時は日ハムの栗山英樹監督(58)が退任した場合の後継者候補と目されていたが、栗山監督の残留に伴い、小笠原氏の日ハム監督はなくなった。

あのクロマティ氏も!?

   また、今シーズン限りで日ハムのコーチを退任した緒方耕一氏(51)も注目のひとり。緒方氏は現役時代、巨人一筋で引退後は巨人の1軍と2軍で外野守備・走塁コーチを歴任。巨人の現1軍外野守備・走塁コーチである鈴木尚広氏(41)の現役時に走塁技術を伝授し、走塁のスペシャリストとして知られる。

   そして、もうひとりレジェンド助っ人の名も浮上している。1984年から90年まで巨人で活躍したウォーレン・クロマティ氏(66)のサプライズ入閣も。クロマティ氏は今年7月下旬に来日し、チームに「合流」した。指揮官の「外国人にアドバイスを」との願いを受け、不振のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)にアドバイスを送った。日本での実績はもちろんのこと、明るい性格はムードメーカーとしても最適で、G党の期待は高い。

   今シーズンは若林晃弘(26)、山本康寛(25)、増田大輝(26)、田中俊太(26)ら若手が台頭。内野のレギュラー争いを繰り広げてきたが、打撃面での課題が多く、正二塁手は誕生せず、セカンドのポジションは流動的だった。また、主砲・岡本和真内野手(23)、大城卓三捕手(26)の打力アップも課題のひとつで、バッティング技術に優れる小笠原氏、クロマティ氏の入閣の期待は高まる。2020年の原巨人の組閣はいかに。全権監督の動向に注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中