2019年 12月 6日 (金)

安倍首相、「れいわ舩後氏」言及の真意 あえて「思わせぶり」発言?いぶかしむ声も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   第200回臨時国会が2019年10月4日に召集され、安倍晋三首相は衆参両院本会議で所信表明演説を行った。憲法論議を進めるよう訴える一方、社会保障制度改革や消費増税対策にも理解を求めた。

   演説の序盤には難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者で、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員について、「当選を、友人として、心よりお祝い申し上げます」と述べた。所信表明演説で野党議員に言及するのは異例で、直後には「令和の時代を創り上げるため、国政の場で、共に、力を合わせていきたい」とも。一部では、「思わせぶり」だとの声もあがった。

  • 所信表明演説を行う安倍晋三首相(写真は首相官邸ウェブサイトから)
    所信表明演説を行う安倍晋三首相(写真は首相官邸ウェブサイトから)

安倍氏の街頭演説を聴きにきていた舩後氏

   実は、両氏の交流の歴史は長い。安倍氏が16年5月の参院決算委員会で、ALS患者との交流経験を聞かれて答弁したところによると、自民党幹事長時代(03~04年)、安倍氏が千葉駅前の街頭演説に舩後氏が聴衆として車いすで訪れ、安倍氏が名刺を渡した。これがきっかけにメールでのやり取りが始まったといい、

「最近もメールのやり取りをしているわけでございますし、お伺いをした際には、眉毛の神経を少し使ってサインを送りつつ、それを文字に変換をするという形で対話をさせていただいているところでございます。そういう経験は何回もございますし、官邸にもお越しをいただいたことがございます」

と答弁。舩後氏は参院議員当選後の19年9月4日にも首相官邸を訪ねている。

   今回の所信表明演説では、「一億総活躍社会」に触れる中で、次のように舩後氏に言及した。

「15年前、1人のALS患者の方にお会いしました。『人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイ出来る』全身が麻痺していても弾くことができるギターを自ら開発。演奏会にも伺いましたが、バンド活動に打ち込んでおられます。更には、介護サービス事業の経営にも携わる。その多彩な活動ぶりを、長年、目の当たりにしてきました。令和になって初めての国政選挙での、舩後靖彦さんの当選を、友人として、心よりお祝い申し上げます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中