2020年 11月 24日 (火)

藤田晋氏の「町田ゼルビア」改名は、何故ここまで大反発を買ったのか

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   サッカーJ2・FC町田ゼルビアが「FC町田トウキョウ」に改名すると表明したことをめぐる反発が止まらない。2019年10月11日に開いたサポーターミーティングで反対意見が相次ぎ、クラブオーナーの藤田晋氏(サイバーエージェント社長)は改名を保留。着地点が見えていないが、なぜここまで反対意見があがる結果となったのか。

   その背景について、サッカージャーナリストの石井紘人氏は「サポーターの声を聞いているかどうか、不安にさせるやり方だった」とした上で、反発の背景には「順番の問題があると思う」と指摘する。

  • 藤田晋氏はブログでもサポーターミーティングの開催を報告している
    藤田晋氏はブログでもサポーターミーティングの開催を報告している
  • 藤田晋氏はブログでもサポーターミーティングの開催を報告している

「サポーターの声を聞く気はあったのでしょうか?」

   サポーターミーティングに登壇した藤田氏は「慣れ親しんだゼルビアという名前を、リブランディングしなければならない」として、「FC町田トウキョウ」への名称変更やロゴマークの変更を表明した。選手にかける人件費でJ1クラブに大きく水をあけられており、今後J1昇格、さらにはACLという国際舞台を目指すには、「東京全域でのマーケティング」と「スポンサー獲得」が急務とする。そのためにブランド力ある東京という都市名をチーム名に入れ、リブランディングを図りたいという。

   だが質疑応答ではサポーターの不満が爆発し、「『東京』という名前には(クラブとしての)ストーリー性が一切感じられない」「今まで積み上げてきたものが『価値が無いもの』と言われてしまっているような気がする。拠り所にしてきたのは『FC町田ゼルビア』という名前と、顔であるエンブレム」といった反対意見が続出した。

   中でも若年男性が涙ながらに「僕達サポーターの声を聞く気はあったのでしょうか? 僕らの声は何も届かないんですか?」と訴えると会場は拍手で沸いた。藤田氏はこの質問に「クラブ名を変更する時に、サポーターの意見を聞かなかったのは正直ミスだった。申し訳ございませんでした」と「サポーター軽視」を謝罪。猛反発を受け、最後は改名について「全員の賛成を得るのは無理だと思っていますが、一旦保留にします」と表明することになった。

   東京都町田市をホームタウンとする町田ゼルビアは前身の「FC町田トップ」時代も含めると30年近い歴史を持ち、「ゼルビア」の名は1998年から使い続けてきたものだ。しかし18年10月にサイバーエージェントが経営権を取得し、藤田氏がオーナーに就任。ユニフォームの胸スポンサーも同社グループの「AbemaTV」となり、転換期を迎えている。改名を実現したクラブは過去にもあったが、今回の町田の問題はツイッターなどでも「炎上」の様相を呈すほど批判を浴びている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中