2020年 11月 26日 (木)

鈴木コーチ退団、代わる人材は... にわかに高まる緒方氏、井端氏らOB待望論

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   鈴木尚広外野守備走塁コーチ(41)の退団で巨人が大きく揺れている。巨人は2019年10月16日、鈴木コーチの退団を発表した。19日に開幕する日本シリーズを前にしての異例の退団劇となった。

   球団は鈴木コーチの退団に伴い、ファームの村田修一打撃兼内野守備コーチ(38)を1軍打撃コーチに配置転換したが、日本シリーズのみならず来シーズンのチーム編成に大きな影響を及ぼしそうだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

内部昇格ならば片岡、松本2軍コーチが候補も

   「一身上の都合」でチームを去ることになった鈴木コーチ。レギュラーシーズン、クライマックスシリーズ(CS)では1塁ベースコーチを務めてきた。日本シリーズでは、後藤孝志打撃兼外野守備コーチ(50)が代役を務める予定だ。不慣れな即席の1塁ベースコーチに不安が残るなか、球団は鈴木コーチに代わる新たなコーチ選定が急がれる。

   来シーズン、鈴木コーチの代役候補となるのは、内部昇格ならばファームの片岡治大内野守備走塁コーチ(36)と、同じくファームの松本哲也外野守備走塁コーチ(35)の2人が挙げられる。ともに2018年から巨人のコーチを務めており、現役時代は俊足がウリの選手だった。とくに片岡コーチは現役時代、盗塁王のタイトルを4度獲得しており、走塁のスペシャリストとして知られる。

   一方で片岡、松本両コーチは2017年に現役を引退したばかりで指導者としてグランドに立ったのはわずか2年。年齢的にもまだ若く、1軍コーチに昇格する可能性は決して高くないだろう。ネット上のG党からは、かねてから走塁コーチとして豊富な経験を持つOBの復帰を望む声が上がっており、鈴木コーチの退団でその声が一層強まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中