2019年 11月 18日 (月)

平尾誠二さんの「命日」に日本対南アフリカ戦 ジェイミー・ジョセフHCが「Mr.ラグビー」から受け継いだもの

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   何の因果だろうか――。

   ラグビー日本代表は、2019年10月20日、「4強」をかけて南アフリカ戦(東京スタジアム)を迎える。実はこの日は、日本ラグビー界で「Mr.ラグビー」と呼ばれた平尾誠二さん(享年53)の命日だ。

  • 予選プールを4連勝で勝ち上がったスコットランド戦後、記者会見に臨むジェイミー・ジョセフHC(左)とリーチ マイケル主将
    予選プールを4連勝で勝ち上がったスコットランド戦後、記者会見に臨むジェイミー・ジョセフHC(左)とリーチ マイケル主将

「平尾代表監督の元でできたことが大きな財産」

   予選プールを4連勝の首位で突破した日本代表を率いるのが、ニュージーランド代表、日本代表でもプレーしたジェイミー・ジョセフHC(ヘッド・コーチ)だ。1997年、史上最年少で代表監督に就任した平尾さんは「ラグビーは国籍において寛容だから」と、チームを強くするため、積極的に外国出身選手を日本代表に召集した。

   この時に召集されたのが、ジョセフHCだった。当時、29歳。今の代表のスローガンである「ONE TEAM」の原形は、この時に始まったといっても過言ではない。ジョセフHCは、あるインタビューで、

「(当時)平尾さんのラグビーを皆が楽しんでいた。平尾さんの元でプレーできたことが、大きな財産となっている」

と語った。

   また、日本代表初の外国出身主将となったアンドリュー・マコーミック氏は

「W杯の初戦前、ホテルのベッドに平尾さんからの封書があった。私へのメッセージだった。だが、これは全選手、それぞれに言葉を変えて、送ってくれていました」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中