2021年 9月 26日 (日)

「政治・人生の師」菅氏にも突き放されて... 菅原氏、追い詰められての経産相辞任

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

24日深夜のブログでは「明日、国会でお話をする所存」だったのに

   菅原氏は10月24日23時5分更新のブログで、

「私に関してのいくつか報道がされているが、政治家としてきちんと説明を果たしていきたい。明日、国会でお話をする所存である」

と説明していた。10月25日朝には衆院経産委員会が予定され、野党が追及の構えを見せる中で、具体的な説明をしないままの辞任劇だ。

   菅氏は、10月25日午前の会見で、菅原氏が説明責任を果たさないまま辞任したことについて

「菅原前大臣は、自らの政治資金の問題で報道がされ、経済産業行政が停滞することはあってはならず、辞任を申し出たと理解している」

と答弁。菅原氏ブログの「政治の師であり、人生の師」という言葉を引き合いに所感を求められても、ほとんど同じ答弁を繰り返した。

 

   さらに、

「国会議員は常日頃から、自らの行動について責任を果たす必要があると私は考えているし、ご本人が説明していくことになるだろう」

とも話し、辞任でも説明責任が消えるわけではないとの考えを示した。

   菅原氏の後任は梶山弘志元地方創生担当相。菅氏が「政治の師」と仰ぐ梶山静六元官房長官の長男で、引き続き近い関係だ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中