2021年 6月 24日 (木)

聖火運ぶ「五輪機」はJAL?ANA? 組織委は「『どちらか』ということではない」と言うけれど

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

模型からはどちらかわからず

   模型には、ドアの横にJALとANA両社のロゴが入ったが、機体ごとに割り振られる「JA~」といった記号は書き込まれておらず、どちらの社の機体なのかは分からないようになっている。組織委の布村幸彦・副事務総長も

「これはJALさんとANAさんが両社協力のもと、共同で運送いただくことになっているので、『どちらが』ということではない」

と述べるにとどめ、実際の特別機が登場するタイミングについては、

「ギリシャに向かう直前に、デザインができた飛行機がお披露目できるかどうかは、そのタイミングを見ながら検討していくことになる」

などと述べた。

   1964年の東京五輪では、JALのDC-6B型1番機「シティ・オブ・トウキョウ(City of Tokyo)」号が聖火特別輸送機としてギリシャからテヘラン、ニューデリー、バンコク、香港、台北などを経て、当時は米国統治下にあった沖縄まで聖火を輸送。沖縄本島を走った後は鹿児島、宮崎、北海道に空輸され。4つのコースに分かれて東京に向かった。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中