2019年 11月 18日 (月)

強烈左フックと老獪さは要警戒も... 井上尚弥の次戦「フィリピンの閃光」ドネアの実力は?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦が2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナで開催される。WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=と、WBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=が拳を交える。「モンスター」VS「フィリピンの閃光」の一戦は世界的に注目を集め、井上の「世代交代」に大きな期待がかかる。

   日本のボクシングファンが待ちに待った一戦が目前に迫った。プロデビュー以来、無傷のまま世界3階級を制し、今や世界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の常連となった井上。その「モンスター」が今回、迎え撃つのが「フィリピンの閃光」ドネアだ。ドネアは世界5階級を制覇し、マニー・パッキャオ(40)と並んでフィリピンのレジェンドと称される国民的英雄だ。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

ここ4年間で4勝2敗と振るわず

   ドネアはIBF世界フライ級を皮切りに、フェザー級までの5階級を制覇。近年はスーパーバンタム級、フェザー級での戦いが続いていたが、WBSSに出場するために階級をバンタム級に落とし、昨年11月に行われたWBSSの1回戦(対ライアン・バーネット=英国=)で7年ぶりにバンタム級のリングに上がった。

   バンタム級で無類の強さを誇り、長谷川穂積氏からタイトルを奪ったフェルナンド・モンティエル(メキシコ)と2011年2月に対戦し、衝撃の2回TKOで破り、WBC、WBO世界バンタム級王座を獲得。初防衛戦では、のちに井上と対戦するオマール・ナルバエス(アルゼンチン)を完封。ダウンこそ奪えなかったが、無敗の2階級王者に初黒星をつけた。

   ナルバエス戦以降、階級をスーパーバンタム級、フェザー級と上げていくわけだが、2013年4月、ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)に判定で敗れプロ2敗目を喫すると、これを機に徐々に輝きを失っていった。翌14年10月にはニコラス・ウォータース(ジャマイカ)にプロ初のKO負けを喫し、15年は3戦全勝したものの16年から現在まで4勝2敗と精彩を欠いている。

   ドネアの懸念材料となるのが、年齢からくる体力の衰えとスピード、反射神経、そして耐久性だろう。パンチ一発の威力は依然として健在だが、フェザー級から2階級落として臨んだバンタム級での2戦はいずれもKO(TKO)決着で、スタミナ面の不安は拭えない。今年4月に行われたWBSS準決勝、ステフォン・ヤング(米国)との一戦では、現在のドネアの「課題」と「強さ」が改めて表面化した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中