2020年 9月 27日 (日)

「早慶戦」「早明戦」チケットが取れない! 大学ラグビーにW杯効果か

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

「学生スポーツのドル箱」とも評される

   ラグビーの早慶戦、早明戦などは、昔から「学生スポーツのドル箱」とも評され、1980年代~1990年代にかけては、当日券を買い求める「徹夜組」が寒空の中で列をなした。旧国立競技場スタンドが6万人近い最多観客動員を記録したのは、サッカーのJリーグではなく、ラグビー早明戦だった...という話も、しばしば耳にする。

   11月のこの時期は、秩父宮ラグビー場(東京・港区)周辺にあるイチョウ並木が黄色く色付き、秋の木漏れ日や乾いた芝が香る。記者にとっては、ふと、学生時代を想起させる時だ。特に待ち合わせしたわけでもない同期や先輩、後輩らが、そこら中にゾロゾロ。勝っても負けても、近所の居酒屋で「アイツはいい選手だ」、「あそこはこうすべきだった」、「オレたちの時代はこうだった」...などと、オッサン連中の話のタネになっていた。

   チケット争奪戦でまさかの出遅れとなってしまい、悔しい思いもあるが、それ以上に、世の中の人々がラグビーというスポーツに大きな興味を持ってくれたことに感謝したい。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中