2019年 11月 15日 (金)

やはり井上尚弥は「モンスター」だった 「2人のドネア」制した36分間の死闘

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

勝敗を分けた11回の左ボディー

   この一戦では、井上らしからぬまともにパンチを食らうシーンが何度もみられた。最大のピンチは9回だった。ドネアの右をまともに受け一瞬、ぐらついた。だが、このシーンをスローで改めて見直してみると、井上がモンスターたるゆえんがよく分かる。井上は目を見開き、パンチを受けている。被弾したとはいえ、パンチが見えているからこそ歯を食いしばり、耐え切ることが出来たのだろう。

   攻撃に関しても大きな影響を与えたとみられる。驚異的なスピードと鉄壁の防御技術を持つ井上は、中間距離での速攻を得意とし、これまで幾度となく対戦相手をキャンバスに沈めてきた。天性の「距離感」と「当てカン」を持つ井上も、さすがに物が二重にみえるようでは距離感がつかめない。このような窮地に追い込まれたボクサーの多くは、接近戦に勝機を見出す。そして、顔面よりも動きの少ないボディーに的を絞る。

   11回にダウンを奪った左ボディーは抜群のタイミングだった。少しの力みもなく振り抜いたその一撃は、ドネアの右腹をとらえた。ドネアは背を向け、そしてキャンバスに両膝をついた。鍛えにくいアゴと比べ、鍛えることが出来るボディーでダウンを奪われることはボクサーにとっては屈辱的なものだ。ダウンするわずか数秒間、ドネアには2つの選択肢があった。耐えるべきか、ダウンか。井上が持つ「凄み」が、ドネアにダウンを選択させたのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中