2019年 11月 15日 (金)

監督「相手が一枚上手」 クラロワリーグ アジア2019、王者目指した日本FAV gamingは惜しくも準優勝に

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年11月2日に韓国のSEVOL OGN e-STADIUMでモバイルゲーム『クラッシュ・ロワイヤル(以下、クラロワ)』公式eスポーツリーグ、「クラロワリーグ アジア2019」の決勝戦が開催された。

   日本から出場したFAV gaming(以下、FAV)は韓国のOGN ENTUS(以下、OGN)に1-3で敗れ準優勝に終わった。優勝したOGNは賞金5万ドル(約550万円)、FAVは賞金3万ドル(約330万円)を手にした。

  • CAP:左からけんつめし、ジャック、きたっしゃん、だに(写真:早川清一朗)
    CAP:左からけんつめし、ジャック、きたっしゃん、だに(写真:早川清一朗)

FAVの戦術研究してきたOGN

   『クラロワ』はモバイルゲーム開発会社Supercellが2016年3月にリリースした、自分のタワーを守りつつ相手のタワーを倒せば勝ちというiOS・Android用のオンラインストラテジーゲームで、一昨年に開催された世界一決定戦には世界187国から2700万人以上が参加したほどの人気タイトルだ。

   この日の試合は最大5SETでSET1は2VS2、SET2~4は1VS1、SET5はKOHと呼ばれる1VS1の勝ち抜き戦を戦い、3SETを先取したチームの勝利という形式で行われた。

   SET1はFAVはけんつめしときたっしゃん、OGNはOne crownとThunderが登場した。FAVは2VS2を得意としておりここで勝っておきたいところだったが、OGNはFAVの戦術を研究し尽くしており、ことごとく先手を奪われ動きを封じられる形で敗北を喫してしまう。

   SET2にはFAVからはジャック、OGNからはTNTが参戦。ここで取り返したいJACKだったが、TNTの入念に練られた対策の前に健闘空しく敗北し、早くも0-2とされてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中