2020年 10月 24日 (土)

練習より「アニメが見たかった...」 廣瀬俊朗が振り返る「ラグビー漬け」の30年

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

「蕁麻疹、出ましたよ」

「(高校の)引退が早く終わっちゃったんで。僕、1人だけ工大(大阪工大高)に行って。バスに乗って、練習で、もまれて...ね。当時の『高ジャパ(高校日本代表)』の監督が、工大の先生だったんですよ。それで1人、武者修行に行っていました。勉強熱心だったところとかを買っていただけたのかな...って思います」

   その真面目な姿勢とひたむきなプレー、卓越したキャプテンシーによって、廣瀬氏は「高ジャパ」の主将に選出された。しかし、そのプレッシャーから、

「最初は蕁麻疹(じんましん)とか出ましたよ」

   全国高校ラグビーに出場できなかった選手が「高ジャパ」に入ること、ましてや主将に選出される...というのは、極めて異例なことだった。

   そして、指定校推薦で慶応義塾大へ進学。「関東で勝負がしたかった」と話す。慶大でも主将、その後の東芝、そして日本代表でも主将を務めた。「2015イングランド大会」で、ヘッドコーチ(HC)を務めたエディ・ジョーンズ氏(現イングランドHC)も、「今まで見たラガーマンの中で、彼(廣瀬氏)ほどの知恵やキャプテンシーを持った選手を見たことがない」と、過去のインタビューで絶賛している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中