2019年 12月 14日 (土)

「ノーサイド・ゲームの浜畑」今は本名で呼ばれます ラグビー廣瀬俊朗氏の赤裸々トーク

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元ラグビー日本代表主将で、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」では俳優として活躍した廣瀬俊朗氏が、2019年11月23日に放送された日本テレビ系バラエティー「メレンゲの気持ち」で、知られざる私生活をオープンにした。

  • 「発酵食品」の重要性について語る廣瀬俊朗氏
    「発酵食品」の重要性について語る廣瀬俊朗氏

「体にいいものを食べて、仕事にスポーツに...」

   廣瀬氏といえば、大阪の名門校である北野高、慶応大、東芝、そして日本代表のいずれでも主将を務めてきた。プレーはもちろん、その頭の良さとキャプテンシーは、前日本代表HC(ヘッド・コーチ)のエディ・ジョーンズ氏をして「彼ほどのキャプテンは見たことがない」と言わしめた人物である。

   そんな廣瀬氏は「発酵食品」が大好きだと番組で語った。初公開となった自宅の朝食風景では「豆乳ヨーグルト」に「甘酒」(いずれも発酵食品)を加えたものを自分で混ぜ、

「おいしい。健康的でいいですよ」

と、食べながら笑顔を見せた。

   確かに発酵食品は、体内の善玉菌を増やし、胃腸などの活性化が見込まれるとされている。廣瀬氏は、かつてのイベントでも発酵食品の大切さをこう力説した。

「発酵食品は体にいい。体にいいものを食べて、仕事やスポーツに頑張っていただきたい。できれば、世界中の人に知ってほしい」

   加えて、自宅にあるワインセラーも紹介。ワインも発酵食品の一種で、一説によると約8000年前のコーカサス地方(ユーラシア大陸の黒海とカスピ海の間にある地域)で生まれたそうだ。発酵食品は、現役を引退した今も「いきいきと生活できる源」だと話し、このほか「キヌア(キビやアワ、ヒエと同様の雑穀類)」や「EPA(青魚等に含まれる血液をサラサラにする成分)」といった健康食を頻繁に摂取していると語った。

   また、現在は同じく発酵食品である「味噌」に興味があると言い、スタジオで共演した久本雅美さん、いとうあさこさんらとプリン、パンデロウ(ケーキ風のお菓子)といった「味噌スイーツ」を一緒に食した。かつてイベントでは「味噌汁バーとか、受けるんちゃうかなって思って」と話している。スイーツを食べた廣瀬氏は、

「どんな味かな...って思って、リサーチしています。味噌関連の商売、できひんかなって」

   久本さんらに「商売かい!」と突っ込まれ、苦笑いしながら、その味をかみしめていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中