2019年 12月 10日 (火)

日韓に限らず「世界中から募金」を... 元徴用工問題「新解決案」の現実味

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

日韓請求権協定との整合性は?

   今回新たに浮上した案は、12月2日にソウル新聞が国会議長室の関係者の話として報じた。既存の「1+1+α」案をベースにしながら、「世界への扉を開いて、誰でも寄付できるようにする」といい、「日韓の国民が寄付することへの拒否感が考慮されたとみられる」と解説している。

   全世界から寄付を募るとなれば元徴用工問題を全世界に宣伝することにもなり、日本側は反発する可能性が高いが、この国会議長室の関係者は

「むしろ日本の立場では、財政負担を軽減する機会になる可能性もある」

と楽観的だ。ただ、日韓請求権協定問題との整合性は引き続き問題になりそうだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中