2020年 9月 21日 (月)

社長逮捕のガイナックスの今 エヴァは過去の話、新作とは無関係

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    1990年代に大ヒット作「新世紀エヴァンゲリオン」を手がけたアニメ制作会社「ガイナックス」の社長(50)が警視庁に準強制わいせつの疑いで逮捕され、同社は2019年12月6日、サイト上にお詫び文を出した。

    そこでは、「事実関係を確認し、厳正な対処」を行うとしている。ガイナックス(東京都武蔵野市)からは最近、アニメの新作などが出ていないが、現在はどんな状況なのだろうか。

  • 社長逮捕をツイッターでお詫び
    社長逮捕をツイッターでお詫び
  • 社長逮捕をツイッターでお詫び

15年の「放課後のプレアデス」以降は、新作アニメ発表なし

    「エヴァンゲリオンの制作に携わっていた」。各メディアの報道によると、容疑者は、2018年6月に自ら設立した芸能プロ「ガイナックスインターナショナル」で、19年に入って新人発掘オーディションを行い、応募した少女らにこんなウソをついていたという。

    容疑者は、東京都内の自宅マンションを芸能プロの「女子寮」として少女らと同居し、19年2月に訓練だとして被害者の10代後半の少女の裸を撮ったり、マッサージだとして体を触ったりした疑いが持たれている。容疑者は、「お願いされて写真を撮っただけだ」と否認しているという。

    ガイナックスは1984年に設立され、庵野秀明監督が手がけたエヴァのほか、「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」などのヒット作で知られる。その後、庵野氏は、自らの会社カラーを立ち上げて2007年に退社し、ガイナックスは、エヴァ関連グッズなどの販売に対しカラーに使用料を支払う契約を交わした。しかし、支払いや借入金約1億円の返済が滞って訴訟になり、現在も係争中となっている。

    15年のテレビアニメ「放課後のプレアデス」以降は、新作アニメが発表されておらず、19年10月には、当時の山賀博之社長に代わって、ガイナックス取締役で営業担当だった容疑者が新社長に就任していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中