2020年 7月 3日 (金)

峯岸みなみ、「引き際」悩み続けてきた ラジオで生々しい告白「自分の気持ちが迷子になって...」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   AKB48が2019年12月8日に東京・秋葉原のAKB48劇場で開いた14周年特別記念公演で、峯岸みなみさん(27)がグループからの卒業を発表した。峯岸さんはAKB48がスタートした05年から活動してきた1期生のうち、唯一現役を続けてきた「レジェンドメンバー」。

   卒業発表の場でも、卒業時期について「ずっと悩んで」いたと明かした峯岸さん。発表直後に放送されたラジオ番組でも、その「辞め時」をめぐる苦悩を詳細に明かしていた。

  • 卒業発表したAKB48の峯岸みなみさん(c)AKS
    卒業発表したAKB48の峯岸みなみさん(c)AKS
  • 卒業発表したAKB48の峯岸みなみさん(c)AKS

収録は発表前も...番組ツイッター「まさか、このタイミングで」

   峯岸さんは公演の中で、卒業の理由を

「いつ卒業してもおかしくはなかったんですが、ずっと悩んでいて。何よりもすごく AKB48を好きでいる自分でいられる時に卒業したいと思いました」

などと説明。4月2日に横浜アリーナ(横浜市)で行われるコンサートで卒業セレモニーが行われる予定だ。

   峯岸さんは卒業発表から数時間後の12月9日未明に放送された「AKB48 2029ラジオ~10年後の君へ~」(ニッポン放送)でも、卒業への思いを語っていた。ただ、番組ツイッターで峯岸さんの登場が収録現場の写真とともに公表されたのは、11月25日。卒業発表前の収録で、番組ツイッターも「まさか、 このタイミングで...というトークテーマです」と驚いた様子だ。

   この日の番組で、「AKB48で失ったもの」として挙げたのが「ロングヘア」。13年1月、今で言う「文春砲」について丸刈り姿で謝罪した件だ。ここで卒業しなかった理由を

「こんな風に辞めたらもったいないというか、今まで8年くらいやってきたものを、この形で身を引くというのは絶対後悔するだろうなって思ったんですよね」

と振り返り、活動を続けるうちに「引き際」が分からなくなったことを明かした。

「すごいわがままなんですけど、なかなか辞めずにこれたのは、いちいち素敵な景色をくれるグループだから『辞めなくてよかった』が重なって15年目に突入しようとしていて、本当に引き際が分からなくて...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中