2020年 8月 7日 (金)

神奈川県庁HDD転売、ネット掲示板では以前から「不穏な噂」が イニシャルで「横流し」書き込み

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   神奈川県庁のハードディスク(HDD)が不正に転売された問題で、消去を請け負ったブロードリンクについて、社内で消去前のパソコンが紛失していると、以前からネット掲示板などで話題になっていたことが分かった。

   1年前には、窃盗容疑で逮捕された元社員の男(51)と同じイニシャルの人物がHDDなどを横流ししているとの書き込みもあった。真偽は不明だが、ブロードリンクは、管理がずさんだったことを認めており、被害が拡大する可能性もある。

  • 会見で頭を下げるブロードリンクの榊彰一社長(中央)ら
    会見で頭を下げるブロードリンクの榊彰一社長(中央)ら
  • 会見で頭を下げるブロードリンクの榊彰一社長(中央)ら

「わが社に問題があったと認識」

   「わが社に問題があったと認識しています」。ブロードリンクの榊彰一社長は、2019年12月9日の会見で、こう説明して、頭を下げた。

   同社の説明によると、これまでは、HDDを消去や破壊などの処理に出した後は、本当に処理されていたか確認していなかった。また、手荷物検査は、入退室時に常に行っておらず、内容や頻度が不十分だったとした。

   そして、榊社長は、再発防止措置を取った後は辞任し、同社の営業も1か月にわたって自粛することを明らかにした。

   今回の問題では、廃棄したはずのHDDがネットオークションで転売されていたと外部から連絡があり、ブロードリンクが11月27日に社内調査を始めた。手荷物検査などから12月3日に容疑者の男を特定し、男もHDDなどの転売を認めたという。

   同社では、裏付けが取れたとして、6日に男を懲戒解雇するとともに警視庁の大森署に被害届を出した。男は、同日夜に緊急逮捕されている。

   この日の新聞報道などから、ヤフー・オークションに出品されたHDD9個に神奈川県庁の納税記録などがあったことが明るみに出て、大きな騒ぎになった。9個のデータは、計27テラバイトもあったといい、「世界最悪級の流出」とも報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中