2021年 1月 23日 (土)

ラグビー田村優、「ゴチ」で明かした食生活 明大時代「許せなかった」メニューとは?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ラグビーW杯2019日本大会」で、日本代表を8強に導いたチームの司令塔SO田村優選手が2019年12月12日、日本テレビ系バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン(ぐるナイ)」に登場、自身の食生活などについて赤裸々に語った。

  • 「日本8強」のパレードで取材に応じる田村優選手(2019年12月11日撮影)
    「日本8強」のパレードで取材に応じる田村優選手(2019年12月11日撮影)
  • 「日本8強」のパレードで取材に応じる田村優選手(2019年12月11日撮影)

幼少期の実家は食堂スタイル「お母さんと一緒にご飯は食べなかった」

   田村選手は、ナインティナイン岡村隆史さん、俳優の田中圭さん、女優の土屋太鳳さんらレギュラーメンバーが出演する「ゴチバトル」に登場した。同コーナーは、金額が明かされていない料理を順にオーダー。プラスマイナスで「設定金額」に一番、近い人から抜けていき、最後に残った人が全員分の食事代を自腹で払う...という人気企画である。

   同日の設定金額は25000円。「蟹が大好き」という田村選手は、序盤から蟹料理を頼みまくった。兄弟で育った田村選手は、幼少期の食事について聞かれ、

「(母に)食べたい物をオーダーすれば、その場で出てくる食堂スタイルでした」

と振り返った。ハンバーグ、野菜炒め、唐揚げ...。兄弟で違うものを頼んでも、母親が常に準備していてくれて、頼んだ物が出てきたという。

「だから、お母さんとは一緒に、ご飯、食べなかった。椅子に座って『いただきます』は、なかった。(母は作りながら)つまみ食いしていたんでしょうね」

   学校に持っていくお弁当も、重箱2段分ほどで水筒も2リットルの特大サイズ。大きすぎて、登下校が恥ずかしかったそうだ。ラグビーを始めた高校時代の恩師・吉岡肇監督(国学院栃木高)によると「授業中に腹が減って、クラスの生徒に目で合図を送って、カバンから弁当をパスしてもらい、早弁していた」という。

「ヤバい。試合より緊張しますよ...」

   そんな田村選手は、ラグビーの名門である明治大へと進学した。学生寮に入ったわけだが、そこで「どうしても許せないメニュー」があったのだそうだ。それが、カレーライス。田村選手の中では「カレーライス=白ご飯」という勝手な? 認識で、寮母さんに、

「おかずは? おかずがないとダメじゃん。おかず作って!」

と、グラウンドのような自由奔放ぶりを発揮していたという。

   番組は、設定金額に近い人から順番に抜けていき、最後に残った人は全額自腹で払うという過酷なものだ。1位となったナイナイ岡村さんから順に抜けて行ったものの、田村選手はなかなか呼ばれない。段々と手汗が出てきて、

「ヤバい。試合より緊張しますよ...」

   結果は4200円オーバーの29200円で5位。自腹を免れたことに、

「危ねぇ! マジ、緊張した!」

と、胸をなでおろしていた。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中