2020年 7月 12日 (日)

スイッチ好調で株価も上昇 任天堂の進撃はどこまで続くか

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   任天堂の株価が12月に入って連日、年初来高値を更新している。世界の年末商戦で主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の本体やソフトが売れているためだ。

   4日には「中国でニンテンドースイッチを10日に発売する」と発表し、新たな市場開拓にも投資家の期待が高まっている。

  • 「ライト」も好調で躍進続く(プレスリリースより)
    「ライト」も好調で躍進続く(プレスリリースより)
  • 「ライト」も好調で躍進続く(プレスリリースより)

中間決算では営業利益5割増の躍進

   ニンテンドースイッチの好調さについてまず、2019年9月中間連結決算で確認しておこう。売上高は前年同期比14.2%増の4439億円、営業利益は53.4%増の942億円、純利益は4.0%減の620億円だった。純利益は外国為替市場で円高が進み、205億円の為替差損が発生したことが響いたが、営業利益は5割増という躍進ぶりだ。

   半年間に世界でニンテンドースイッチのハードが売れた台数は693万台と前年同期(507万台)より36.7%増えた。このうち約3割にあたる195万台が9月に発売したばかりの小さくて軽い携帯専用の「ニンテンドースイッチライト」。ライトは従来のスイッチを持っている人が買うケースも少なくないという。693万台のうち国内が177万台、米大陸263万台、欧州177万台などと海外比率が4分の3に達していることも任天堂の強みと言える。

   半年間に売れたスイッチのソフトは前年同期比38.8%増の5849万本。6月に発売した「スーパーマリオメーカー2」(393万本)、9月に発売した「ゼルダの伝説 夢をみる島」(313万本)など自社の人気シリーズのほか、ソフトメーカー発のものを含め、半年間のミリオンセラーは11タイトルとなった。人気ソフトの発売はハードの購入を促し、それがさらにソフト販売を押し上げるという相乗効果もある。

   株価は中間決算発表を機に上昇局面に入った。発表翌日の11月1日は高値引けとなり、終値は前日比7.5%(2880円)高の4万1500円。当日安値(4万170円)が前日高値(3万9040円)を1130円も上回り、大きく「窓を開ける」節目のチャート図を描いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中