2020年 7月 6日 (月)

サッカー元ドイツ代表・エジル、ウイグル弾圧批判で「中国版ウイニングイレブン」から消える コナミ「見解述べる立場にない」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカー元ドイツ代表でアーセナル(イングランド)に所属するMFメスト・エジル選手(31)が、中国の新疆ウイグル自治区におけるウイグル人政策を批判した直後、スマートフォンゲーム「ウイニングイレブン(ウイイレ)」の中国版「実況足球」公式ウェイボーが、ゲーム内からエジル選手を「排除」するコメントを発表した。

   ウイイレは日本のコナミデジタルエンタテインメント(KDE)が開発・販売しているが、中国版の運営は中国IT大手「網易(ネットイース)」と協業している。J-CASTニュースがKDEに見解を求めたところ「今回の判断について見解を述べる立場にはありません」とだけ返答した。

  • 「実況足球」公式サイトより
    「実況足球」公式サイトより
  • 「実況足球」公式サイトより

「中国のファンの心情を傷つけ、愛と平和のスポーツ精神を害しました」

   エジル選手はツイッターで2019年12月13日、新疆ウイグル自治区が「東トルキスタン」として独立をめざす旗とともにトルコ語で声明を出した。エジル選手はトルコ系移民3世で、敬虔なイスラム教徒。ドイツ代表での試合前、国歌を歌わずに心の中でコーランを唱えていたというエピソードは有名だ。

   エジル選手は声明で「コーランが焼かれ、モスクが閉鎖され、イスラム神学校が禁止され、聖職者が殺され、イスラム教徒が強制収容所に入れられている」と中国でのウイグル人迫害を非難した。一方、「しかしイスラム教徒は主張しない。迫害を容認することが迫害だと彼らは知らない」「西洋のメディアや国でさえ、この問題は何か月・何週間と議論している。イスラムの国やメディアはどうか?」と、「身内」が声をあげないことにも疑問を呈した。投稿は17日までに7万以上リツイート、17万以上「いいね」が付くなど拡散。同時に波紋も広がった。

   日本に関係する余波が及んだのが、コナミグループの人気サッカーゲーム「ウイイレ」の中国スマホ版「実況足球」をめぐる一件だ。中国のSNS「微博(ウェイボー)」の「実況足球」公式アカウントは14日にコメントを発表し、

「北京時間12月13日、ドイツのエジル選手は中国についての過激な声明をソーシャルメディアに投稿しました。それは中国のファンの心情を傷つけ、愛と平和のスポーツ精神を害しました。これは理解、受容できず、許しません!」

とエジル選手の書き込みを強く非難した。そのうえで、

「今後、中国ダウンロード版『実況足球』、『実況:王者集結』(編注:日本名『ウイニングイレブン カードコレクション』)、『実況倶楽部』(編注:同『ワールドサッカーコレクションS』)に、『メスト・エジル』選手は登場しなくなります」

と宣言した。投稿には、コナミと協業して中国で同ゲームを配信する「ネットイース」の名前も付されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中