2020年 9月 18日 (金)

「陸上短距離」走るのは8人なのに、なぜ「9レーン」ある?

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   「東京五輪・パラリンピック2020」(オリ・パラ)開幕まで200日余りとなった。2019年12月17日には、聖火リレーのランナーも発表され、開催へのボルテージも段々と高まってきている。これに先立って、そのメイン会場となる「新国立競技場」(東京・新宿区と渋谷区にまたがる)も11月に完成した。

   ところで、競技場内の写真や映像を見て、ふと、思ったことがある。陸上競技の短距離におけるレースは通常、「1レース8選手以下」で行われる。だが、よく見ると、同競技場には「9レーン」が存在する。旧国立競技場は「8レーン」だった。

  • 「9レーン」ある理由とは・・・
    「9レーン」ある理由とは・・・
  • 「9レーン」ある理由とは・・・

日本陸連の規約によると...

   なぜなのだろうか? 日本陸上競技連盟(陸連)の規約を調べてみた。

   まず、国内、国際的な陸上競技大会を開催することができる公認競技場は、世界陸連(WA)の規則によって厳格に定められている。日本記録や世界記録が出る可能性も大いにあることから、世界共通の「基本仕様」というものの存在が重要となるわけだ。

   同規則によると「トラックは8レーンまたは9レーンとし、1レーンの幅は1m220とする」と記してあった。しかし「9レーンが存在する意味」については明示されていなかった。

   気になる...。気になって仕方がない......。

   さらに、陸連の担当者を取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中