2020年 7月 9日 (木)

大本命アーモンドアイ惨敗!ネットでファン悲鳴 「なんで10万もつっこんだ...」「あまりのショックで」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「茫然自失でした...」――競馬の第64回有馬記念(GI、中山競馬場、芝2500メートル)は、リスグラシューが見事な勝利を収めた一方、大本命のアーモンドアイがまさかの9着に終わった。大枚をはたいて見守っていた競馬ファンたちがインターネット上で悲鳴をあげている。

   アーモンドアイはデビュー以来この有馬記念まで10戦8勝。国内外のG1で6勝をあげており、4着以下のレースはなかった。

  • 中山競馬場
    中山競馬場
  • 中山競馬場

まったく別の馬のようなレース

   レース序盤はアエロリットが果敢に先行。一人旅状態だったが、最終コーナー後にドラマが待っていた。中央からアーモンドアイが一瞬抜け出そうとしたが、大外から飛び出したのは2番人気のリスグラシュー(単勝オッズ6.7倍)だった。後続に5馬身差をつけて圧勝。2着は3番人気のサートゥルナーリア(7.8倍)、3着は4番人気のワールドプレミア(13.4倍)だった。

   レース後、アーモンドアイの鞍上・ルメール騎手は「スタンド前でスイッチが入った」と語った。5枠9番のアーモンドアイは順調なスタートで中団に位置取り、スムーズにレースを進めているかのように見えた。しかし、JRA(日本中央競馬会)のパトロールビデオを見ると、正面のスタンド前の直線で一頭だけスタンド側に飛び出して走っている姿があり、内ラチ(柵)沿いに入れることができなかった点がスムーズさを欠いたようだ。

   最後のコーナーでは、勝ったリスグラシューのレーン騎手が内ラチからスルスルとマジックのように芝状態のいい外に持ち出したのに対し、アーモンドアイは外から内側に寄って先頭に立とうとしたが、いつもの伸びは全くみられず、最後はルメール騎手も追うのをやめた様子だった。ゴールまでの上がり3ハロン(600メートル)も勝ったリスグラシューより2秒も遅いというまったく別の馬のようなレースだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中