2020年 10月 29日 (木)

「田代まさしが逮捕された年は...」 有馬記念&M-1の「ジンクス」に一喜一憂

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   「M-1グランプリ」と「有馬記念」に熱い視線が注がれた2019年12月22日。ただでさえ人気のイベントが同日に行われただけあって、双方についてネット上では多数の人々がツイートや書き込みを行うなどしたが、そんな中、それぞれのイベントの「法則」に一喜一憂した人々もいた。

  • ジンクスにも頼りたくなる……?(写真はイメージ)
    ジンクスにも頼りたくなる……?(写真はイメージ)
  • ジンクスにも頼りたくなる……?(写真はイメージ)

松本人志さんは「逆神」!?

   まず、M-1については、審査員の松本人志さん(56)が決勝で投票したお笑いコンビは優勝しないとする「法則」が、今年も発動したと話題だ。松本さんは2016年以降連続してM-1の審査員を務めているが、16年、17年、18年は「和牛」に投票している。

   しかし、16年は銀シャリが、17年はとろサーモンが、18年は霜降り明星がチャンピオンとなったため、和牛は優勝できず。このため、このことを覚えていた視聴者からは、「松本人志が投票する人達は優勝しないというジンクス」「私が推すコンビはいつも優勝しない 毎年、松本さんと同じ投票なんだけどなー」といった声が続々と上がったほか、松本さんの投票行動がネットニュースで「逆神」と表現されるなどした。

   そして、2019年。松本さんは「かまいたち」に投票したが、優勝したのは「ミルクボーイ」。というわけで、今年もジンクス成立となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中